お金 税金

副業ライター必見!雑所得で確定申告する方法【2021年】

確定申告している写真

会社で働きながらも、副業でライターの仕事をしている方は少なくないでしょう。

本業で年末調整していても、副業の所得が20万円を超えてしまったら確定申告をする必要があります。

確定申告は面倒な作業もありますが、手順や内容を理解しておけば申告自体は簡単にできます。

そこで今回は、副業でライターをしている方向けに、確定申告の仕方をご紹介します!

はな
役所での勤務経験と、ファイナンシャルプランナー検定3級を取得した際の知識がある私も、実際にこの方法で確定申告しています。

副業ライターでも確定申告しないといけないの?

パソコンを操作する女性の写真

副業でも確定申告する必要があるかどうかについては、「ケースバイケース」です。

本業の会社で年末調整をしていて、副業の所得が20万円以下だったら基本的には申告の必要はありません。

副業がいくつかある場合は合計で20万円超えるかどうかで判断します。ただ、場合によっては20万円以下でも申告が必要なこともあります。

確定申告が必要な場合

一般的には、以下のような方は確定申告が必要と言われています。

確定申告が必要になる主なケース

・本業分は年末調整済みで、副業所得20万円以上
・本業で年末調整していない
・ライターが本業で年間所得38万円を超える

「サラリーマンやOLで会社勤めしながら、副業でのライター収入が意外と増えて所得20万円超えした!」という場合は、確定申告が必要です。

脱税にならないように、確定申告は行いましょう。

はな
際どいラインで悩むのであれば、税務署に連絡して聞いてみるべし!

所得は収入じゃない

所得は収入のことではありません。収入20万円ではなく「所得」なので気を付けましょう!

原稿料の場合の収入と所得は、以下のように表現できます。

ココがポイント

・収入:入ってくる金額の全額のこと。手数料や源泉徴収などが引かれる前の金額です。

・所得:手数料などの経費や、源泉徴収された金額を差し引いた手元に入ってくる金額のことです。

収入が20万円でも、経費を引いて所得が20万円以下なら確定申告しなくても大丈夫ということになります。

ただ、私が役所の市民税課職員に確認したところ、雑費の場合は経費として認められるものが少ないそうです。※私は、念のためクラウドワークスなどに支払う手数料以外は一切、経費にしていません。

通信費やコーヒー代なども経費にできる!という記事をたまに見かけますが、青色・白色申告の場合でしょう。

雑費の場合は曖昧な部分が多く、何をどうすれば経費にできるというのは税務署の担当者に確認するしかありません。

ちなみに、税金の知識があると、大きな心配もなく確定申告ができますよ。副業としても本業としても、ライターを続けていくのであればこれからも必要になる知識です。

こちらの記事も参考にしてみてください。

副業ライターの報酬は確定申告する時には雑所得になる

貯金箱の写真

副業としてライターを行っている場合、基本的には雑所得として申告します。

雑所得での申告でOKな場合がほとんど

事業所得になるのは、ある程度の金額を稼げるようになっている場合。

基本的には、まず先に開業届や青色申告を行うので、自分でも事業所得になることが分かっていることでしょう。

開業届を出していないけど結構な金額を稼いでしまっていて不安な場合は、管轄の税務署に問い合わせをするのがベターです。

雑所得でも資料はまとめておく

雑所得なので、青色申告や白色申告みたいに複雑な書類の提出は必要ありません。

確定申告の用紙に所定の項目を記入するだけでOKです。税務署のホームページから簡単に作成できます。

ただ、提出する書類がほとんどないからといってなんでもアリなわけではないので気を付けましょう。

場合によっては、税務署の職員から内訳や内容を詳しく聞かれることもあります。

エクセルやワードで簡易的にでも、いつ、どこから、どのように、いくら貰ったか。収入、手数料などの経費、所得をまとめて、プリントアウトしてファイリングしておきましょう!

はな
面倒な作業ですが、これをクリアーにしておくことで、確定申告がめちゃくちゃ楽になります。

\税務署のHPを見てみる/

HPを確認する



ライターの報酬を確定申告する方法

書類を書く手元の写真

ライターが確定申告をする時の詳しい手順や方法について解説していきます!

申請方法は3つ

申請方法は、大きく分けると以下の3つです。

申請方法

・税務署で申請
・自宅で作成し郵送か持ち込み提出
・e-Taxで申請

確定申告に慣れていない方やはじめて行う方におすすめなのは、2つ目の方法です。

自宅で作成できるので、必要な書類や情報をすぐに確認できます。税務署での申告は安心感はありますが、持ち物が足りなかったり不備があると何度も通わなければならなくなります。

また、e-Taxだと最初から最後まで自分を信じて行わなければならないので、慣れている方向けの方法と言えます。

2つ目の方法は、自分のペースで進めながらも、添付書類などに不備があれば税務署の方に教えてもらえる安心感もあります。

必要なもの

確定申告に必要なものは、以下の通りです。

・収入や所得をまとめた紙やデータ
・マイナンバーカード
・マイナンバーカードがない場合:現住所の分かる通知カードか、マイナンバーが記載された住民票
・マイナンバーカードがない場合:免許証、健康保険証、パスポートのうち1つ
・扶養者がいれば、その方のマイナンバーが分かるもの
・還付金受取り用の預貯金口座番号が分かるもの
・社会保険料や生命保険料などの控除できるものがある場合は証明書
・源泉徴収されている場合はそれが分かるもの
・印鑑

はな
書き出してみるといっぱいあるように感じますね!笑

手順

たくさんのクライアントから報酬を得ていた場合は特に「面倒さ」はあるかもしれません。ただ手順は単純で簡単です。

自宅で確定申告書類を作成し、郵送または税務署に持ち込み提出をする場合のやり方を説明します!※雑所得で申告する場合

はな
私が毎回行なっているおすすめの方法です。

確定申告のページのスクリーンショット
出典:税務署公式サイト:確定申告書類作成ページ

1.税務署のHPに行き「確定申告の申請はこちらから」をクリックする

2.「作成開始」→「印刷して提出」→「次へ」をクリックする

3.「令和2年分の申告書等の作成」→赤色の「所得税」→「作成開始」をクリックする

4.生年月日を入力する

5.申告内容に関する質問
「給与以外に申告する収入はありますか?」→「はい」「税務署から青色申告の承認を受けていますか?」→「いいえ」
「税務署から予定納税額の通知を受けていますか?」→「いいえ」※受けていれば「はい」

6.雑所得「入力する」をクリックする

7.雑(その他)所得の入力
種目:原稿料
業務に該当しますか:はい※しないなら「いいえ」
収入金額:手数料などを含む全額を記入
必要経費:必要経費を記入
源泉徴収税額:原稿料で源泉徴収された場合はその金額
所得の生ずる場所:クライアント企業の所在地を記入
報酬などの支払者の氏名・名称:企業や個人名を記入

8.取引先が何件かある場合は「続けてもう1件入力」をクリックし⑦の繰り返し。ない場合は「入力内容の確認」をクリックし「次へ進む」

9.年末調整されている場合、されていない場合に関わらず給与所得があれば「給与所得」を記入→「次へ」をクリック

※その他、事業所得や配当所得など申告の必要があるものは忘れずにしましょう。

10.控除できるものがあれば記入→「次へ」をクリック。

11.納付か還付する金額が出てくる→「次へ」をクリック

12.納税地情報(住所)、申告書を提出する税務署、氏名等を記入→「次へ」をクリック

13.マイナンバーを記入→「次へ」をクリック

14.印刷画面に進むので、「帳票表示・印刷」をクリック→プリントアウト。印刷後「終了する」をクリックする

以上です。

まとめ

履歴書の写真

手順は簡単。でも、準備が面倒で間違いがないかドキドキしてしまうのが確定申告。

そんな時は、確定申告のソフトを使用するのもあり。マネーフォワードなら簡単に確定申告ができるようにサポート体制が整っています。私も今年からは、事業所税での確定申告が必要になるので、会計ソフトを利用する予定です!



スポンサーリンク

-お金, 税金

© 2021 はなまるポケット Powered by AFFINGER5