保育

親子留学に人気の国はどこ?おすすめ留学地5選を発表!

地球儀を指さす男の子の写真

近年、注目度が急上昇している親子留学。親子留学に興味がある方も多いのではないでしょうか。

ただ、まだまだ情報は少なく分からないことも多いですよね。

特に、「どこの国に留学するか」は重要な問題です。留学先によって体験できる内容や得られるものも違ってきます。

お子さんの性格や、目標とするものにしっかりと合わせて留学先を選びたいところですよね。

というわけで今回は、親子留学におすすめの国や都市について紹介していきたいと思います!

Dさん
小学校に入学したら夏休みに親子留学しようかしら
小さいうちに留学すれば良い刺激を受けること間違いなし!お子さんの将来が変わるかもしれません◎
はな

親子留学は人気なの?

ニューヨークのタイムズスクエアが人々で賑わっている風景

近年、親子留学の人気が上がり、だんだん広く浸透してきました。

留学にも気軽に行ける時代ならではのメリットですよね◎旅行感覚でサクッと留学に行ってしまう人も少なくないようですよ〜!

メリット

親子留学だからこそのメリットは、やはり「安心」。特に年齢の小さいお子さんを一人で留学に行かせる場合は、母子ともに大きな不安を感じますよね。

でも、親子留学なら近くで見守ることができるので安心ですし、お子さんにとっても、学びが深まるメリットがあります

さらに、親子で共通の思い出もでき、絆が深まるのも親子留学ならではの魅力と言えるでしょう。

手順

プリスクールや英会話教室で留学制度がある場合は、スクールを通して申し込みができます。

特にそういったところに属していないのであれば、留学エージェントからでも申し込みができますよ!

自力で予約することも不可能ではないですが、その場合、万が一トラブルが起きても自力で対応しなければならないので、おすすめはできません。

留学エージェントのパッケージは、全てがセットになっていて、内容も豊富です。

こちらもCHECK

オタワの街並みの写真
親子留学の手順と注意点は?事前にチェックしておきたいポイントはこれ!

続きを見る

親子留学におすすめの国5選

親子留学と言えば、やはり英語圏の国がメイン。以下のような国々が人気です。

  • アメリカ
  • イギリス
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • カナダ
  • フィリピン
  • シンガポール
  • マレーシア

最近はアジアの島国でも、英語を学べる親子留学が出てきました!

おすすめ①オーストラリア

サーキュラーキーから見たオペラハウスと海の風景

オーストラリアは日本から南下したところにある国で、時差は1〜2時間程度しかありません。

時差ボケで日常生活に支障をきたしたり、体調を崩す心配がないのは大きなメリットです◎

また、温暖な気候と陽気なお国柄で、ストレスフリーな環境。ビーチもあり、留学中も楽しくアクティブに過ごしたい方にオススメです!

現地には日本人もたくさん住んでいて、日本からの留学生を受け入れることにも慣れています。

こちらもCHECK

親子のコアラの写真
オーストラリア親子留学のメリット・デメリットは?オススメ都市もご紹介!

続きを見る

おすすめ②ニュージーランド

ニュージーランドの羊の写真

ニュージーランドはオーストラリアの隣の島国。のどかでのんびりとしたイメージがありますよね。

ニュージーランドの良さは、のびのびとした大自然と治安の良さ◎

日本に比べてはるかに少ない人口密度なので、普段都会の中で過ごしている子にこそオススメしたい留学地です!

オーストラリアと同じく、時差が小さいのも嬉しいメリットですね。

おすすめ③カナダ

トロントのスケートリンクで遊ぶ人々の様子

カナダも自然がたくさんあり、のびのびと過ごせる国です。

日本と同じ北半球にあるので、夏休みを利用するならカナダがオススメ◎カナダの夏は、カラッとして気持ちが良く過ごしやすいですよ♪

また、色んな国籍の人が住んでいるカナダは、差別や偏見もなく外国人に対しても分け隔てなく接してくれます。

「馴染めるかしら?」と不安な気持ちを抱えているママにこそ、おすすめしたいのがカナダです!

おすすめ④アメリカ

ニューヨークのビル群の風景

アメリカは治安に不安要素はあるものの、都市を選べばそこまで大きなリスクはありません。

日本人に人気の留学地としてハワイやカリフォルニアなどがありますね。日本からの直行便も多く、便利です◎

何と言ってもアメリカの最大の魅力は、刺激をたくさん受けられるところ!良い意味でカルチャーショックを感じられる国です。

せっかく留学するなら、たくさん刺激を受けて異文化を吸収してほしい!という方にオススメ。

おすすめ⑤イギリス

オックスフォードの街並みの写真

日本とは全く違う文化があり、ただ街中を歩いているだけでも面白いのがイギリスです。

長いヨーロッパの歴史を感じる建物がまだたくさん残っていて、童話の世界に入り込んでしまったかのよう◎

英語にも特徴があり、イギリスで使われる英語はアメリカやカナダで使われる英語とは発音や単語が違っていたりします。

イギリスは伝統的な英語、文化を取り入れたい方にオススメです。

その他の国は費用を抑えたい方向け◎

フィリピンやマレーシアなどに留学するメリットは、やはり「近い」、そして「費用を抑えられる」ところでしょう。

英語の鈍りや治安、衛生面から見ても、正直不安は大きいかと思います。

ただ、親子留学ですから、夜に街中まで出歩いたり屋台で食事をすることはないですよね?観光地の中だけで過ごす分にはそこまで心配は要らないと思いますし、エージェントも安全に配慮したプランを作成しています。

アジアでの留学は、治安や環境に特別こだわりがなく、費用を抑えたい方にオススメです◎

どうやって決める?

滑走路に止まっている飛行機の写真

ここが1番大事なポイント。留学先をどうやって決めるか、です。

正直、「どの国も魅力的で、選べない…」と思いますよね。

留学先を決めるときには、何を大事にしたいのかをはっきりとさせておきましょう。

  • 英語の鈍り
  • アクティビティ
  • 治安などの安全面
  • 人柄(国民性)
  • 日本からの距離
  • 時差
  • 費用
  • 食事の相性
  • 衛生面

などなど。ここだけは譲れない!と思うポイントを2〜3個見つけましょう。

各国の特徴と、ポイントを照らし合わせると自ずと「自分に合う国」が見えてきますよ◎

まとめ

親子留学ができる国は意外とたくさんありますよね。どの国に留学しても、得られるものは必ずあると思います。

ただ、後悔がないように「ここだけは譲れないポイント」を2〜3つ決めて、それを軸に国選びを行うことをオススメします!

各国の詳しい情報も今後記載していきたいと思います~◎よければ参考にしてくださいね☆

こちらもCHECK

セブ島のビーチの風景
親子留学にかかる費用はいくら?コストを抑える裏技を伝授!

続きを見る

スポンサーリンク

-保育

© 2021 はなまるポケット Powered by AFFINGER5