保育

英語教育も?!ベビーシッターのメリットとデメリットをご紹介

赤ちゃんの足の裏の写真

仕事が忙しかったり、片付けたい用事がある時に、おすすめなのがベビーシッター◎

預ける側の都合に合わせて子どもを見ていてくれるので、とっても便利ですよね。

まだベビーシッターがどんなサービスか、ピンと来ないな。という方に、今回は、ベビーシッターサービスのメリットデメリットをまとめました!

Cさん
ベビーシッターなら気軽にお願いできそう♪

ベビーシッターのサービス内容は?

眠っている赤ちゃん

ベビーシッターは、保護者に代わって育児を行うサービスです。

各家庭にシッターが訪問して、在宅で子どもの世話を行います。保育園や託児所と違って、送り迎えがないのが嬉しいポイント!

パパやママの要望を聞きながら保育してくれるので、宿題を見てもらったり、ご飯を作ってもらうことも可能です。

ベビーシッターのメリットは?

ハート型に置かれたデイジーの花

子どもを預けたいけれど、どのサービスがいいか悩んでいる。という方もいらっしゃいますよね。

ベビーシッターも、だんだん認知が広まってきているものの、サービスを利用したこたがあるご家庭はまだまだ限られているのが現状です。

ベビーシッターに頼みたいけれど、何となく不安な気持ちがあったりしませんか?ベビーシッターのメリットはたくさんありますよ。

英語の勉強も?!保育内容を決められる

  • 宿題を終わらせてから遊んで欲しい
  • 近所の公園でお散歩させてあげて

など、要望を伝えておくことができます。

また、シッターさんによっては、英語教育家事代行が可能の場合もあります。

子どもを預けている間に、英語ティーチングや家事までやってもらえるとなったら、一石二鳥ですよね!

シッターさんを探す時に、対応可能かどうかを事前に確認しておきましょう♪

こちらもCHECK

並べられた積木の写真
幼児英語教育のメリットは?何歳までにはじめるべき?解説いたします!

続きを見る

安心の自宅保育

基本的に、ベビーシッターは自宅で、パパやママの代わりに育児を行います。そのため、託児所や保育園のように、送り迎えをする必要がありません!

疲れた体に鞭打って、少し離れた場所まで迎えに行って…。小さな手間に見えても、意外と大きなストレスになっていたりしませんか?

ベビーシッターは在宅保育!通園時間を削れるのは、体力的にも時間的にも嬉しいポイントです◎

予約が取りやすい

ベビーシッターは、前日予約OKの事業所もあるので急な用事にも対応可能!気軽に申し込みができます。

保育園の一時保育など、公的機関のサービスは安心感もある反面、手続きに時間がかかったりして面倒な一面も…。

申込みが殺到して、倍率も高いのが現状です。

ベビーシッターなら、都合の合うシッターを探すだけなので、予約が取りやすくなっています。

いつでも何時間でもOKだから便利

1時間だけの利用や、保育園等の送迎だけお願いすることも出来ます!

利用したい分だけお願いできるのは、とても便利ですよね。毎日利用する予定はないけれど、時々預けたい!という方にもおすすめ。

残業や家族の病気など、心配事は突然やってきますが、そんな時でも気軽に利用できるのは大きなメリットです。

預ける理由を気にしなくていい

「美容院に行きたいけど、わざわざどこかに預けるのはちょっと…」

「最近体の疲れが全然取れない。たまにはゆっくり休みたいけど、病気なわけではないし…」

と、我慢していたママもいますよね。

保育園の一時保育に預けるのもなんか違うし、身内に預けるにも何となくお願いしづらい。。そんな気持ちを、多くのママが経験されていると思います。

ベビーシッターは、預ける際に特段理由を話す必要もないので、誰にも気兼ねなく子どもを預けることができます。

ママのリフレッシュも、子どもが快適に過ごすための「環境作り」の一つです。疲れた時には無理せず頼るのも大事ですよ◎
はな

マンツーマンだから安心

ベビーシッターとお子様とのマンツーマンで保育が行われます。

お友達と喧嘩をしたり、遊具で怪我したり、、外にでると心配事が多くなりますが、ベビーシッターならマンツーマン保育で、しっかりと目が行き届くので安心です。

我が子をしっかり見てもらえるのも、ベビーシッターならではの良さでしょう◎

ベビーシッターのデメリットは?

badとgoodと書かれた二枚の紙

ベビーシッターを雇う際のデメリットもまとめました。

コストがかかる

ベビーシッターのサービスは、1時間あたり1000円〜4000円くらいで利用できます。

保育園代わりに利用するには、費用がかさんでしまいますのでオススメできません!

また、夜間や兄弟で見て欲しい場合などには、追加料金が発生します。

便利だからこそ、お金もかかるようですね。

信頼関係を築くまでの時間が必要

ベビーシッターも一人の人間。

相性の良し悪しもありますし、信頼関係が出来上がるまでに少し時間が必要です。自宅に来てもらうので、信頼できる人でないと心配ですよね。

ベビーシッターを探す際には、会社側に「こんなシッターさんがいい!」と具体的な要望を伝えておきましょう。

事前にシッターさんと面接できる会社もあるので、「思っていたシッターさんと違ったら不安!」と心配を抱いている方は、面接を行うのもオススメです◎

まとめ

ベビーシッターは、便利でメリットもたくさんある一方、コスト面でのデメリットも大きいことが分かりました。

毎日利用するのではなく、短時間や、突発的に利用するのがオススメです◎

シッターさんによっては、英語教育や家事代行を行うサービスもありますので、上手く利用できたらベストですよね。

シッターさん探しは慎重に行いましょう♪

スポンサーリンク

-保育

© 2021 はなまるポケット Powered by AFFINGER5